スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大学受験対策は⇒<受験サプリ>センター試験過去問に挑戦!会員登録無料

東大対策の勉強法について

さて、ここまでで国語以外の勉強法と参考書を紹介してきました。
ここではすべての科目に当てはまる勉強法を紹介していきます。

入試対策をする際に気を付けることは次の三点です。

・実力面で、常に自分に足りないところを考える。
・厳しい計画を立てる
・基礎を何よりも重視する




まず一つ目についてです。
何も考えずに参考書をこなすだけでは絶対に合格できません

自分の弱点を常に考え、その対策をしっかりとしましょう
絶対に弱点をほったらかしにしてはいけません。

とはいっても自分の弱点をきちんと見極めるのは難しいです。
普通の人は予備校が弱点の見極めをし、勉強計画を練ってくれます。
予備校へ通わないと受験に失敗するというのはこれが大きな理由です。
予備校の仕事は8割がこれだといっても過言ではありません。
受験勉強をするにしても、何をしていいかわからないという不安を予備校は解消してくれます。

しかし、勉強計画を自分で練ることができれば、予備校に高い金を払っていく必要はありません。
ですから、常に自分に足りないものを考えて勉強しそして計画を立てましょう



次に二つ目についてです。
受験期は時間がいくらあっても足りません。
ですから、要領よく、効率よく勉強するスキルが大変重要になります。

そこで「厳しい計画を立てる」ことを実行しましょう。
今の自分では少しこなせそうにないかも、というくらい厳しい計画を立てましょう。
そして、それを本気でこなす努力をしましょう。
計画に間に合わなくても落ち込まないでください。
毎日、毎週、毎月それをやれば、いつの間にかとても要領よく勉強できるようになっています。

そして、この方法だと計画をこまめに立て直すことになります。
ですから、先ほど言った弱点克服の計画を組み込みやすくなります

具体的な計画の立て方は、
まずその月の目標を決め(例:チャート一周)
次にその週の目標を決め(例:チャート100ページ)
最後にその日の目標を決めます(例:チャート20ページ)
ここで重要なのが、長期の目標を等分割したものよりも多めの目標を短期の目標にしてください。
例えば、一週間にチャート100ページやるぞ!と決めたのなら、一日に20ページやる、という目標にしてください。



最後に三つ目について。
東大入試に限らず、実力をつけるためには基礎力は不可欠です。
しかも東大入試においては、妙なテクニックなどは求められません。
東大入試では圧倒的な基礎力が求められています
基礎があやふやなうちに受験に臨むなどということは絶対に避けてください。
問題演習をしないと不安になるのもわかりますが、基礎があやふやなまま受かるとは思わないでください。

そのため、僕は9月ごろまでは基礎のみをやりました
不安でしたが、模試や本試で結果がでたので、自信を持ってこの方法をみなさんにお伝えします。

では、受験生のみなさん、頑張ってください!

大学受験対策は⇒<受験サプリ>センター試験過去問に挑戦!会員登録無料

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【東大対策の勉強法について】

さて、ここまでで国語以外の勉強法と参考書を紹介してきました。ここではすべての科目に当てはまる勉強法を紹介していきます。入試対策をする際に気を付けることは次の三点です。・...

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

uttaisaku

Author:uttaisaku
受験生のみなさん!ようこそ!
「はじめに」のページでプロフィールとこのサイトの簡単な紹介をしているので、ぜひ見てください。
勉強法はこちら

カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。