スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大学受験対策は⇒<受験サプリ>センター試験過去問に挑戦!会員登録無料

物理の電磁気の勉強法

Q:
こんにちは。
私は東大志望ではなく大阪大学を志望している者ですが、質問してもよろしいですか?

今年になってから学校の物理の授業の先生が変わってしまい、
二年生でする力学や波は得意なのですが
今年学んだ電磁気が全然できません。

先生の授業を聞いてもあまり分からなかったので
自分で教科書を読み、重要問題集を2周やったのですが
解説は理解できても自分で解くとなると全くできません。

そして、化学も自分で学習して重要問題集を2周したのですが、物理と同様、解説は理解できますが自分で解くことはできません。

基礎固めをせめて今年中にしてセンター後からは過去問をしていきたいと考えているので、焦っています。

因みに、英数は目標点をとれそうです。

どのように勉強したらいいのか教えてください!
お願いします。



A:
こんにちは。
物理の電磁気の範囲や、化学の勉強法についてですね。

物理の電磁気範囲については、多くの受験生が苦労するようですね。
その原因はおそらく、力学や波動に比べて「イメージしにくい」ことだと思います。

前にも書きましたが、物理はイメージすることが大切です。
例えば運動方程式を立てるときはまず、物体にかかっている力をイメージする必要がありますね。

力学や波動の分野に関しては、問題文に書かれていることをイメージしやすいと思います。
そのため公式の内容や問題解説に書かれていることの理解がしやすく、身につくのもまた早いでしょう。

しかし電磁気分野の多くの問題に関しては、そうもいきません。
実際に電子を動かしたりはできないし、回路に流れている電流をイメージすることも難しいですね。

ではどうしたらいいかというと、たくさん問題を解くしかありません。
まずは基礎中の基礎の問題を解いてみて、徐々にレベルアップしていきます。
この際、解答解説をみてはいけません。
わからない問題があったら、もう一段解レベルを下げましょう。
このようにして着実に基礎を築き上げるしかありません。


次に化学についてです。
解説を理解することはできるが、問題を自力で解くことができないということでしたね。
その原因は、わからなかった問題に出会ってもしっかりと身についていないことだと思われます。
解説を読むだけでは身に付きません。

ですから、問題が解けなければ、解説をみて、そしてすぐに類題を解いてみましょう。
類題が解けなくても、その解説は見てはいけません。
前の問題に戻って、わからない原因を突き止める必要があります。

これを続けていって、着実に力をつけていきましょう。

回答は以上です。勉強頑張ってください!


大学受験対策は⇒<受験サプリ>センター試験過去問に挑戦!会員登録無料

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【物理の電磁気の勉強法】

Q:こんにちは。 私は東大志望ではなく大阪大学を志望している者ですが、質問してもよろしいですか? 今年

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

uttaisaku

Author:uttaisaku
受験生のみなさん!ようこそ!
「はじめに」のページでプロフィールとこのサイトの簡単な紹介をしているので、ぜひ見てください。
勉強法はこちら

カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。