スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大学受験対策は⇒<受験サプリ>センター試験過去問に挑戦!会員登録無料

理系のためのセンター地理B対策・参考書

理系のためのセンター地理B対策・参考書

前回の記事「理系はセンター社会科目どれにすればいいの?」


今回はセンター地理Bの参考書・対策法について書きます。

決める!センター地理B」と「決める!センター地理B演習編」について。

前回の記事に書いたのですが、センター地理は少し勉強すれば8割取れます。
しかし9割取るとなるとかなりの勉強量が必要です。

センター地理9割目指すのは効率が悪いですから、8割で妥協しましょう。

そこで8割取るために「決める!センター地理B」を使います。
必要最小限の事が図などでわかりやすく説明されています。

決める!センター地理B」の内容を、これの問題集「決める!センター地理B・演習編(別売)」も使って頭に入れて行きます。

夏休みに毎日20分やれば完成するでしょう。

そして夏休みがあけたら、ひたすら過去問演習です。
センター地理は知識を直接問うのではなく、資料の分析能力を問うという少し特殊な問題が出題されるので、慣れが必要です。
定期的に過去問を解いて慣れましょう。

最後にセンター地理の暗記法について。
白地図を何枚か用意して、そこにどんどん書き込んで行きます。
それを何回かやれば何も見ずに同じものが書けるようになります。

白地図はネットで無料でダウンロードできます。

今回は以上です。受験生のみなさん、勉強頑張ってください!



大学受験対策は⇒<受験サプリ>センター試験過去問に挑戦!会員登録無料
スポンサーサイト

理系のセンター社会科目はどれが良いのか?

理系のセンター社会科目はどれが良いのか?

国公立大理系受験生の方々はそろそろセンター社会の科目を決める必要があります。
センター社会は夏休み明けでいいと言われますが、夏に毎日少しずつやっておけば後々かなり楽になります。

そこで少しセンター社会各科目の特徴をお話しします。

世界史・・・理系受験生は取るべきではない科目。
よっぽど世界史好きなら別だが、暗記量は日本史の3倍、地理の2倍とも言われる。

日本史・・・暗記量は世界史についで多い。
日本史に興味があるなら取るべき。
地理と違い、しっかり対策すれば満点を狙える。

倫理政経・・・昨年度センター試験から導入されたこの科目。
暗記量は社会科目の中で1番少ないと言われている。
しかしまだ過去問が1年分しかなく、有効な対策法が確立されてないのが欠点。

地理・・・理系受験生ならこれがオススメ。
歴史科目に比べ少ない暗記量で、少し対策すれば8割は取れる。
知識問題ではなく資料からの考察問題が大半を占める。
8割は簡単に取れるが、安定して9割取るには相当な努力をしなければならないのがセンター地理の欠点。
だがその10点にこだわるのならば、他の科目の対策をした方が効率が良い。

こんな感じです。
個人的には日本史か地理がおすすめです。
日本史が好きなら日本史。
そうでないなら地理という感じですね。

僕は日本史に興味がなかったので地理を選びました。

次回はセンター地理Bの対策法・参考書を紹介していきます。



大学受験対策は⇒<受験サプリ>センター試験過去問に挑戦!会員登録無料
スポンサードリンク

プロフィール

uttaisaku

Author:uttaisaku
受験生のみなさん!ようこそ!
「はじめに」のページでプロフィールとこのサイトの簡単な紹介をしているので、ぜひ見てください。
勉強法はこちら

カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。